18位

■ 縄文杉

国指定特別天然記念物 1954年3月20日指定
屋久島スギ原生林として指定

鹿児島県熊毛郡上屋久町宮之岳、宮之浦岳国有林99林班ほ小班

幹周   16.2m
樹高     30m
樹齢    300年以上


         
データはすべてデータベース上の数値です。

巨樹といえば「縄文杉」、縄文杉と言えば「巨樹」と言われるまでに有名となってしまった、日本の代表的なスギの1本である。
屋久島の世界自然遺産登録も、このスギを有名にさせてしまった要因の一つである。
屋久島観光シーズンには数百名もの登山客で賑わうことになり、根元の保護を目的にウッドデッキが設置され、根元には近づけないよう配慮がなされている。
樹齢は諸説あるが、現在では二千数百年程度といわれているようだ。

荒川登山口から約5時間、往復では9時間ほどの行程をたどることとなるため、訪問に際して躊躇なさる方が多いのも事実だ。
しかし最近は登山道もかなり整備され、以前に比べると訪問が容易になった。


 ご案内

● 荒川登山道入り口より徒歩5時間ほど。往復では10時間程度を見込んだ方が良いだろう。
白谷雲水峡からも訪問可能だが、距離が長く急傾斜地も多いため、基本的には荒川口からの登山が一般的。


 

 

 

 

             18      

TOP20 INDEX

 

 

 森林館TOP  生物多様性情報シス
 テム
 巨樹データベース 1  蒲生の大楠 2  阿豆佐和気神社クス 3  北金ヶ沢のイチョウ 4  本庄の大クス 4  川古の大楠 6  権現山の大カツラ 6  衣掛の森 6  武雄の大楠 6  藤崎台のクスノキ群 10 柞原八幡宮のクス 11 大谷のクスノキ 11 隠家の森 13 岩間寺のカツラ 14 志布志の大クス 15 岩屋の大杉 16 水屋の大クス 17 高坂の大カツラ 18 縄文杉 19 川辺の大クス 19 旗山ノ樟