6位

■ 
衣掛の森    

国指定天然記念物  1922年3月8日指定
福岡県粕屋郡宇美町宇美

幹周    20.0m
樹高      20m
樹齢    300年
以上
 
         データはすべて
データベース上の数値です。
   

神功皇后がこの地で応神天皇を出産されたという伝説があり、「衣掛の森」という名の由来も、神功皇后が出産の際、この樹に産着を掛けたとされるところから出ているそうだ。
木の規模が大きく、一本でありながら森のように見えることから「森」と呼んでいるのであろうか。
九州から山口県にかけて、こういったクスノキの巨樹が数本ある。

幹には大きな空洞があり、樹勢は良好とは言えない状態だが、近年治療を施された。


 ご案内

● 西鉄バス 「宇美八幡前」からすぐ

JR九州香椎線 「宇美駅」から徒歩15分ほど


 

 

 

 

             6      

TOP20 INDEX

 

 森林館TOP  生物多様性情報シス
 テム
 巨樹データベース 1  蒲生の大楠 2  阿豆佐和気神社クス 3  北金ヶ沢のイチョウ 4  本庄の大クス 4  川古の大楠 6  権現山の大カツラ 6  衣掛の森 6  武雄の大楠 6  藤崎台のクスノキ群 10 柞原八幡宮のクス 11 大谷のクスノキ 11 隠家の森 13 岩間寺のカツラ 14 志布志の大クス 15 岩屋の大杉 16 水屋の大クス 17 高坂の大カツラ 18 縄文杉 19 川辺の大クス 19 旗山ノ樟