クスノキ

 藤崎台のクスノキ群

国指定天然記念物  1924年12月9日指定
熊本県熊本市宮内


幹周    20.0m
樹高    22.0m
樹齢    300年以上

 
         データはすべて
データベース上の数値です。

かつて当地にあった藤崎八旛宮の名残で、7本の大きなクスノキが群生している。
 外野席スタンドの後方にみられるこんもりとした森として、野球中継の際にも映り有名であり、森の都・熊本の象徴のようになっている。
 これだけの巨樹が群生しているのは珍しく、1924年に国の天然記念物に指定された。
 球場が完成した際、幹を守るため周囲に保護用の金網が設けられた。
最大のクスノキは、根元付近の肥大が大きく、幹周りは20mと、全国でも最大クラスの幹周りであることが近年確認された。

蔦が絡まり、古木然とした姿が特徴であるが、柵のために人が根元を荒らさないため、樹勢も良好のようである。


 

 

 

 

樹種別 INDEX

TOP20本 INDEX

森林館 HOME

 

 森林館 TOP 生物多様性情報システム  巨樹データベース  樹種別一覧  全国上位20本