ス ギ

■ 縄文杉

国指定特別天然記念物 1954年3月20日指定
屋久島スギ原生林として指定

鹿児島県熊毛郡上屋久町宮之岳、宮之浦岳国有林99林班ほ小班

幹周   16.1m
樹高     30m
樹齢    300年以上


         
データはすべてデータベース上の数値です。

巨樹といえば「縄文杉」、縄文杉と言えば「巨樹」と言われるまでに有名となってしまった、日本の代表的なスギの1本である。
 屋久島の世界自然遺産登録も、このスギを有名にさせてしまった要因の一つである。
 屋久島観光シーズンには数百名もの登山客で賑わうことになり、根元の保護を目的にウッドデッキが設置され、根元には近づけないよう配慮がなされている。
 樹齢は諸説あるが、現在では二千数百年程度といわれているようだ。

 荒川登山口から約5時間、往復では9時間ほどの行程をたどることとなるため、訪問に際して躊躇なさる方が多いのも事実だ。
 しかし最近は登山道もかなり整備され、以前に比べると訪問が容易になった。


 

 

 

 

 

 

 

樹種別 INDEX

TOP20本 INDEX

森林館 HOME

 

 森林館 TOP 生物多様性情報システム  巨樹データベース  樹種別一覧  全国上位20本