クスノキ

■ 川古の大楠     

国指定天然記念物   1922年3月8日指定
佐賀県武雄市若木町皿宿

幹周    21.0m
樹高      25m
樹齢    300年以上
   
(伝承 3000年)

         データはすべて
データベース上の数値です。


古くより日本三大クスの一本として、全国にその名を広く知られたクスの名木である。
 その昔、行基の手によって樹肌に仏像が彫られるなど、数奇な運命をたどってきたクスノキだ。
 ほぼ等身大の大きさの彫刻は、当然ながらこの樹の樹勢をも奪ったであろうと想像されるが、近年の樹木医による治療の際に幹から切り離され、傍らにあるお堂の中に現在も安置、保存されている。
 樹勢回復治療により、目に見えて枝葉の数が多くなってきたのは喜ばしい限りである。

 現在は周辺を公園として整備され、かつてのひっそりと佇んでいた頃とは隔世の感がある。


 

 

 

 

 

 

 

樹種別 INDEX

TOP20本 INDEX

森林館 HOME

 

 森林館 TOP 生物多様性情報システム  巨樹データベース  樹種別一覧  全国上位20本