ムクノキ

 椋本の大椋 

国指定天然記念物
昭和9年1月22日指定
三重県津市芸濃町椋本692


幹周    9.5m
樹高    16.0m
樹齢    300年以上

 
         データはすべて
データベース上の数値です。


約1200年前に坂上田村麻呂の家来、野添大膳が息子とともにこの地に至り、巨大なムクの木を見つけ、その下に草庵をつくって住んだのが地名「椋本」の発祥だと言い伝えられている。
 その当時、既に相当な巨樹であったらしく、幹周りが9mを超えていたといわれている。
 大ムクの裏側に回り込むと明治初期の暴風で折れた部分が痛ましく残り、半身を失った姿で立っている状態だ。
 かつては幹周は14m以上もあったと伝えられる巨大なムクだったようで、もしこの部分が折れなければ今の倍近くの太さがあり、大変な巨樹であったと思われる。


 

 

 

 

 

 

 

樹種別 INDEX

TOP20本 INDEX

森林館 HOME

 

 森林館 TOP 生物多様性情報システム  巨樹データベース  樹種別一覧  全国上位20本