環境省巨樹・巨木林調査
データベース
データベース最新更新日 巨樹・巨木林調査とは 巨樹・巨木林の定義 調査項目について 調査票のダウンロード 調査方法 調査ご協力のお願い ニュース・トピックス CSV項目の解説 全国巨樹 TOP20 樹種別巨樹画像 森林館 TOP


● 巨樹・巨木林の定義

 樹高の高い木や太い木を大木、巨木、巨樹などと呼びますが、はっきりとした定義はありませんでした。
 1988年に巨樹・巨木林調査を行うにあたり、「地上から130cmの位置で幹周(幹の円周)が300cm以上の樹木を対象とする」と定め、現在ではこれが巨樹の一般的な定義となっています。
 また、巨樹が数本の群生や、広範囲に広がりを持って生えている場合には巨木林と呼びます。


                   


| 生物多様性情報システム | 奥多摩町森林館 |