TOPページ  館内のご案内  森林館とは  奥多摩町観光名所  関連リンク 環境省巨樹データベース  森林館までのアクセス  日原のご紹介  日原の知られざる自然  全国巨樹・巨木林の会  日本の巨樹TOP20  樹種別巨樹写真  日原だより


水と緑のふるさと・奥多摩町日原
日本は、国土のおよそ67%が森林で、人々は暮らしの中で森林と深く関わってきました。森林は、人間ばかりではなく、けものや鳥や昆虫たちにとっても自然の恵みの宝庫でした。しかし、時代とともに森林をとりまく環境が悪化し、樹木にも多大な影響を及ぼしています。
このような環境の変化にも負けず、数百年から千数百年の年輪を刻み続けてきた巨樹。これらの巨樹が語りかけてくるいろいろなドラマから、私たちは「人と樹木の共生」について多くのことを考え、学ぶことでしょう。
1987年 倉沢にある大ヒノキが東京都指定天然記念物に指定され、89年には「新・日本名木100選にも選定されました。
当時はオゾン層破壊、温暖化、酸性雨などの言葉が急速に叫ばれるようになった頃でもあり、奥多摩町では豊かな緑、森林の持つ公益性などをアピールする目的で森林館を設立しました。
館内には全国の巨樹情報を検索できるパソコン、東京都の巨樹ウォッチング、巨樹の話や、巨樹の絵画、写真も展示され、巨樹の魅力を肌で感じ取ることのできるパネルもご用意してあります。
野生のカモシカやニホンジカを見ることができる展望室からは、日原の象徴「稲村岩」も見渡すことができ、東京都に存在する大自然を満喫することが可能です。

お問い合わせ
198-0211
東京都西多摩郡奥多摩町日原819
奥多摩町森林館 
TEL 0428−83−3300

メール、お問い合わせはこちらまで