TOPページ  館内のご案内  森林館とは  奥多摩町観光名所  関連リンク  巨樹データベース  森林館までのアクセス  日原のご紹介  日原の知られざる自然  全国巨樹・巨木林の会  日原だより

10月 13日 (土) 曇り

秋の味覚

  • 森林館に来たお客さんが日原の森の散策に出かけました。
    そして、帰りには大きなマイタケを手にしており、職員が貰って帰ってしまいました。 いよいよ紅葉もそこまで迫ってきていますが、猛威をふるった台風9号がどの程度影響したのか気になるところです。
    今年は綺麗な紅葉を見たいものです。



天然物だけあって、香りが強烈です。

8月 7日 (火) 晴れ

暑いです・・・・

  • 梅雨明けしてからは日原も連日暑い日が続いております。
    巡回に来たお巡りさんがクワガタを差し入れてくださいました。



あまりにも元気が良いというか、興奮しまくっており手に負えません。
森林館前のブナの木に離してあげました。



喜んで木の表面を徘徊しております。
ちゃんと森に戻るんだぞ〜

6月 15日 (土) 晴れ

梅雨入り

  • 関東地方も昨日(14日)に梅雨入りしましたが、今日はご覧のような抜けるような青空となっています。。
    午後になって気温もぐんぐん上昇しています。梅雨は何処に行ってしまったんでしょうか。 森林館対岸の森ではエゾハルゼミの大合唱が聞こえてきます。そして夜にはモリアオガエルの声が集落に響き渡ります。



昨日来の雨で空気が澄み渡っています。
梅雨入りしたとはいえ、この抜けるような青空です。



玄関前の切り株の下にはアリジゴクがたくさんいます。
あまり暑いようだと辛いらしく、巣を壊して熱から逃れているようです。
今日はダンゴムシを数匹、巣穴に入れてあげました。



ヨコバイが目立つようになってきました。
よく見るとひょうきんな顔をしています。



帯状化しているマーガレットです。
タンポポでは帯状化はよく見られますが、マーガレットでは初めて見ました。
花は、まるでたわしのようです。



上のグランド脇にあるモリアオガエルの卵です。
水の上ではない場所にも生み付けられていたので、枝を切って池の水の上になるよう場所を移動してあげました。
これでひと安心ですか・・・・

5月 12日 (金) 晴れ

春本番

  • 今年はウソの大群が来てしまい、サクラはヤマザクラ以外は全滅状態でした。
    5月に入り気温もぐんぐん上昇。今日あたりは20度を超えるまでになりました。森林館の周辺の虫たちも活動も活発となってきました。



ハナグモが葉の上で獲物を狙っています。
今年は特にハナグモが目立つようで、いたるところに見られます。



これもハナグモ。
やはり獲物を狙ってジッと身を隠しています。



小さな5mmくらいのバッタが2〜3日前から見られるようになりました。
雄と雌でしょうか、並んだままジッと動きません。



ハナグモが虻を捕らえました。
撮影するのにちょっとちょっかいを出しましたが、決して獲物は離しません!
まるで木口古兵のようなハナグモです。



ナナホシテントウもようやく見かけました。
日原はここ数年、ナミテントウの大群が主でしたが、今年の冬は例年ほどのカズは見られませんでした。

4月 15日 (日) 晴れ

ようやく日原にも春。

  • 日原入口にある山桜が満開となりました。昨年キツツキの掘った穴のところから大枝が折れてしまいましたが、今年も変わらずに神さびた綺麗な姿です。



今年の日原は、野鳥のウソがソメイヨシノの芽をついばんでしまったために、ソメイヨシノはほとんど全滅に近い状況です。一方ヤマザクラは花の時期が遅いためウソによる被害は受けずに、 綺麗な姿を見せてくれています。



タラの芽も食べ頃です。うっかりしていると、誰ぞに持って行かれるので常に監視状態です(笑)



今日は天気も良く、登山客で大いににぎわっております。
午後からは天気が崩れるので早くの下山が良いですよ!



12月 20日 (水) 晴れ

朝は0度くらいまで冷え込みます。

  • 鷹ノ巣山山頂付近はもうすでに初冠雪を記録しました。
    日原付近は初雪はまだですが、今週末あたりに初雪が来るでしょう。
    空気が澄んできたので、本仁田山がこのところ綺麗に見えます。
    ハナグモもいよいよ冬ごもりに入りました。






12月 5日 (火) 晴れ

初氷です。

  • 今日の朝も冷え込み、夜明け前には氷点下まで下がりました。
    森林館脇の石段に置いてある樽には水がたまっていますが、今日の朝には氷が薄く張っていました。
    スタッドレスタイヤを装着した車も多くなってきました。
    いよいよ後10日ほどで初雪が来るでしょう。
    本格的な冬の到来です。


11月 15日 (水) 晴れのち曇り

紅葉が見頃です。

  • 鷹ノ巣山の頂上から降りてきた紅葉が、ちょうど日原集落周辺まで降りてきました。
    今週いっぱいが見頃となるようです。
    稲村岩にある木々は葉が落ちてしまいましたが、風を避けることが出来た木々たちは綺麗な紅葉を見せてくれています。
    鍾乳洞付近は谷が深いため、写真に納めるなら午前中が勝負となるでしょうか。
    今日はプロ顔負けの機材を持ち込んで撮影している方々の姿を、数多く見かけました。
    紅葉が終わると、日原は一気に冬がやってきます。




11月 3日 (土) 晴れ

山が色づきはじめました。

  • 今年の紅葉は例年よりも遅めのようです。
    日原周辺は先日の台風の影響もあり、紅葉前に葉を落としてしまったものが目立つため、例年よりも劣るのかも知れません。
    稲村岩も色づいてきましたが、まだまだ緑がかった色が主で、もう一週間ほど経たないと、朱色には染まりません。

    朝晩はめっきり寒くなって参りました。
    森林館周辺のカキも、ちょうど収穫に良い時期のようで、近所ではサルがやってくる前に・・・・と、収穫を行っている方もいらっしゃいます。
    山に近い方のカキは、もうすべてサルに食べられてしまっているようですし、これは賢い選択かも。








 

10月18日 (水) 晴れ

今年の紅葉は・・・。

  • 先日やって来た台風が、紅葉するはずの緑をかなり落としてしまったようです。
    今年の紅葉も期待薄の感じとなってしまいました。 
    森林館の前庭に置いたブドウ、ヒヨドリやメジロが来ると思い置いてみました。 ところがやってくるのはスズメバチばかり。
    昆虫にも序列があるようで、オオスズメバチが来るとキイロスズメバチはそそくさと去っていきます。
    幸いにも、日原ではスズメバチによる被害は報告されていません。 一番下の写真、なんだかお分かりでしょうか? 実はアリジゴクが巣を作っている最中で、疲れて休んでいるところの頭部を撮影したものです。






 

7月7日 (金) 曇り

梅雨まっただ中。

  • 連日はっきりしない天気が続いています。今日は曇りですが、明日はまた雨の予報。 アジサイが満開となりました。葉の裏に隠れている虫たちを狙ってみました。














どうですか? 人面バエです。  

4月15日 (土) 晴れ

桜が満開です。

  • 日原の桜も、ようやく満開となりました。
    今日は久々に日射しも強く、ソメイヨシノだけではなく、山桜も咲き始めてきました。
    桜にはメジロやヒヨドリも集まり、しきりに縄張り争いをしています。
    明日からは再び冷え込む日が続くようです。








 

3月4日 (土)

春めいてきたと思ったら・・・

  • 数日間、暖かい日が続いていよいよ春かな・・・・、と思っていたら連日の雪。
    4日の朝には日原で霧氷が見られ、白い桜が満開になったかのような素晴らしい景色でした。

 

  

 

1月15日 (火)

今年は雪が降りません。

  • 連日氷点下の日が続きました。
    14日は久びさの雨となり、気温もぐんぐん上昇しました。
    15日の朝は放射冷却現象により結構冷え込み、日原街道はいたるところで凍結しておりました。
    前日の雨が、空気中の埃を取り去ってくれたようで、今日は抜けるような青空です。